眼瞼 下垂 左右 差 修正

Feby 8, 2020
眼瞼 下垂 左右 差 修正

眼瞼 下垂 左右 差 修正

開きに左右差がある眼瞼下垂を手術で修正した30代女性の症例写真:眼瞼下垂とは、老化とともに上まぶたを開ける筋肉が弱まり、思いどおりに目が開かない状態のこと。高須クリニックの修正手術は、緩んでしまった眼けん挙筋を縫い縮め、まぶたの開く力を強化します。

眼瞼下垂(がんけんかすい) まぶたの強い腫れ(術後/個人差があります) 内出血(術後) 仕上がりの左右差(片目ずつ手術をする場合) 不自然な二重(無理に二重の幅を広げた場合) 仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)

眼瞼下垂手術後、左右差と二重ラインの形状に違和感が生じた他院修正症例 眠たそうな目 左右差 不自然なライン 他院にて眼瞼下垂術を行ったところ、二重ラインに左右差が生じたのとラインの形状が気になるとのことで来院された症例です。

眼瞼下垂手術1か月後、左右差があります。瞼の腫れもほぼ引き、目の開きもよいのですが、二重のラインの左右差があります。右目は二重部分が見えますが、左目は目頭側の二重部分が隠れてしまいました。術後、左目の切開ラインの目頭近くは折りたたまれず、逆にぷっくり膨らんだまま傷 ...

今回ご紹介するのは、他院眼瞼下垂手術の修正手術です。 この方は、他院にて眼瞼下垂手術を受けられ、二重の幅の左右差が気になるということで、当院にいらっしゃいました。 術前(写真1)と術後12か月(写真2)の状態を比較して頂きたいと思います。

眼瞼下垂の左右差により、目の大きさが揃わないことがあります。眼瞼挙筋を調整し、目の開きを揃え、瞳の大きさを合わせると好印象になります。仙台中央クリニックでは、宮城、福島、山形、岩手、秋田で、眼瞼下垂の左右差修正を行っています。

眼瞼下垂の失敗が増えています。仙台中央クリニックでは目の開きが改善していない、目が開き過ぎている、左右差不揃いがある、上まぶたに窪みがあるという眼瞼下垂失敗例に再手術を行っています。特に保険で行った眼瞼下垂失敗が増加しています。

2回目の修正術から1年半が経過しましたが、目の開きに左右差はありません。 眼瞼下垂の手術は一部健康保険が適応になりましたので、受ける方が増えています。

眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がってしまっている状態を指し、肩こりや頭痛などの症状を併発するため日常生活にもさまざまな影響を与えます。 そんな眼瞼下垂の症状は、外科手術を受けることで改善することが可能です。ですが場合によっては、外科手術を受けても満足の行かない結果となっ ...

眼瞼 下垂 左右 差 修正