所得税 の 修正

Feby 8, 2020
所得税 の 修正

所得税 の 修正

税務署の調査を受けた後で修正申告をしたり、税務署から申告税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税がかかります。 この過少申告加算税の金額は、新たに納めることになった税金の10%相当額です。

(注) 1 税務署の調査を受けた後で修正申告をしたり、更正を受けたりすると、新たに納めることになった税額のほかに、その税額の10%(場合によって15%)の過少申告加算税又は35%(場合によって40%)の重加算税がかかります。

修正申告を行う場合は、確定申告書b第一表に加え、新たに「所得税及び復興特別所得税の修正申告書(第五表)」が必要になります。 修正申告書は、修正申告による税額や以前提出した確定申告書の異動事項などを記載するものになりますので、漏れなく ...

 · 所得税の納付 納付額の確認. 修正申告書の提出と同時に所得税の納付をします。 納付額は修正申告書の第五表の「57 第3期分の税額の増加額」にある金額です。

所得税の確定申告書を提出した後、計算誤りや売上の計上忘れ発覚により、本来納付すべきだった所得税額が少ないことがあります。その場合には、可能な限り早く修正申告書を提出し、追加納税を行う必要があります。そこで今回は所得税の修正申告書の書き方を説明するとともに、その注意 ...

 · むしろ、所得証明の金額が変わりますので、 修正申告を提出した方がいいケースもあります。 ただ1点だけ、問題が想定されます。 重加算税が絡む場合です。 調査で修正申告を提出するということは、 加算税は課されます。増差税額はゼロですから、

確定申告を間違えたら修正・訂正することは可能。ミスに気づくのが申告期限前なら訂正申告、申告期限後なら修正申告もしくは更正の請求と手続き方法が違います。修正申告では加算税や延滞税などペナルティが発生することもあり、注意が必要です。

修正申告に係る延滞税. 修正申告は、税額が増える場合に行う増額変更の手続なので、必ず「納税」が発生します。 先ほどと同じく所得税を例にすると、3月15日は所得税の法定申告期限であるとともに「法定納期限」でもあります。

所得税 の 修正